ヒマワリの花束と睡蓮のジグソーパズル

モネのパズルは楽しめる

フランスの画家、モネ。印象派の代表としてその名を広めています。とても有名な画家ですので、モネという名前を知っている人は大勢いるでしょう。

 

名画を起用したジグソーパズルは多数ありますが、モネも例外ではありません。モネの代表作とも言えるヒマワリの花束と睡蓮がジグソーパズルとなっています。

 

モネの描く絵が好きなら、一度ジグソーパズルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

現時点で確認できるサイズは、ヒマワリの花束ですと300ピース。そして睡蓮ですと1,000ピース大の2,000ピースとなります。

 

300ピースとサイズが小さめなので、ヒマワリの花束は比較的楽に完成させられるのではないでしょうか。

 

しかしサイズが小さいと迫力に欠けます。絵画に秘められた力強さを味わいたい、という人には300ピースは向かないでしょう。

 

そうなると1,000ピース大の2,000ピース「睡蓮」ですが、こちらはかなり上級者向けとなっています。

 

まず、1つ1つのピースがかなり小さいので絵柄の判別が大変でしょう。さらに睡蓮は同系色が多く使われている絵画であるため、組み立てるのが難しいです。

 

絵柄や色よりもピースの形そのものを判断して組み立てていくことになると思います。