夏の心配事

夏は熱中症に気をつける

夏の心配事といえば、やはり熱中症だと思います。みなさんは熱中症対策をしていますか?

 

熱中症は軽症であればさほど心配する必要はありませんが、重症になるとさまざまな症状が引き起こされます。

 

中にはとても恐ろしい症状もあるくらいです。さて、ではどのような状態だと熱中症になりやすいのか。

 

熱中症にならないためには、熱中症になりやすい状態を避ける必要がありますね。実は、体調が悪いと人間は熱中症になりやすいのです。あなたの体調は大丈夫ですか?

 

疲れていたり、ストレスが溜まっていたり、風邪をひいていたりはしませんか?もしいずれかに当てはまるようなら注意が必要です。

 

他の人よりも熱中症になりやすい状態です。体調が悪いのであればとくかく換気と除湿を心がけ、また部屋の気温もいくらか下げておいて下さい。

 

快適な環境を作り出すのです。ちなみに、気温の下げすぎはいけません。室外と室内の気温差が激しすぎても熱中症が起きてしまいます、

 

また、体調が悪い時には激しい運動を控えて下さい。激しい運動をすることにより熱中症になる危険性が高くなります。

 

とにかく無理をしないこと。近年の夏は気温が特に高いので、無理は禁物です。