ウェブサイトの履歴

履歴を消しておきましょう

ネットサーフィンをしていると、どっさりと履歴が残ってしまいます。共有のパソコンを使っている場合、履歴が残ったままにしておくのは抵抗があるでしょう。

 

履歴とは過去に閲覧したウェブサイトの記録です。つまり履歴を遡れば、どんなウェブサイトを閲覧したのかがわかってしまうのです。

 

履歴を残したままにしておくと他の人に閲覧したウェブサイトを知られる可能性がります。これを避けるためには履歴を削除するしか方法はありません。

 

履歴を削除する方法はとても簡単です。今回は「Internet Explorer」での履歴の削除方法を紹介しましょう。

 

まずはInternet Explorerを立ち上げ、次に「インターネットオプション」を開きます。インターネットオプションはツールの中にあります。

 

インターネットオプションを開いたら、「全般」のタブにある「削除」ボタンをクリックします。

 

すると削除する履歴を選択する画面が表示されますので、この中から削除したいものにチェックを入れてもう一度「削除」ボタンをクリックです。よくわからない場合は初期のまま設定をいじらないようにしましょう。

 

「お気に入りWebサイトデータを保持する」「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」「履歴」上記の3つにチェックが入っていればOKです。